ズボラになりたい

ひとりごと

ズボラになりたい

ズボラになりたい。

と告白すると、どうして?? と言われます。

「ズボラ」という言葉自体に、あまり良い印象を持たれない方もいるでしょう。

ですが、私が求めているのはこの「ズボラ」という感覚なんですよね。

そもそも、「ズボラ」とはどういうことなのか。

以下はWeblio辞書からの引用ですが、

「ズボラ」の意味や使い方 わかりやすく解説 Weblio辞書
しっかりしておらずだらしのないさま。Weblio国語辞典では「ズボラ」の意味や使い方、用例、類似表現などを解説しています。

しっかりしておらずだらしのないさま。行うべきことをしないような性格。

と書かれています。

※実用日本語表現辞典より

世間一般的に言えば、「ダメダメじゃん……」となるでしょう。

私について

さてここで、私自身について、簡単に自己紹介させていただきます。

私は「さくさく」と申します。

アラフィフを迎えた独身女性、つまりおひとりさまです。

これまで結婚・出産もせずに生きてきました。

職業は看護師です。仕事ひとすじ、というと聞こえは良いかもしれません。

とまあ、簡単な自己紹介はこのくらいにしておき、本題に入ります。

アラフィフを過ぎたおひとりさまである私が、どうして「ズボラ」になりたいのか

それは私が私自身にかけている「呪い」を解くためです。

「きちんと」という呪文

きちんと」「しっかり

子供の頃からずっと、呪文のように言われ続けてきました。

「きちんと」「しっかり」するのが当たり前だと思っていましたし、当然のことだと信じていました。

ですがいつからか、これらの言葉は「呪い」にもなっていました。

「ズボラ」なんて、もってのほか。

成長し大人になっても私が私自身へ、「きちんと」「しっかり」しなさいと暗示をかけていました。周囲の人々へも同じことを求めてきました。

ですが、この年になってやっと気づいたんです。

なぜ、しっかりしないといけないのか?

どうして、きちんとしないといけないのか?

だらしがないことは、本当に「悪」なのか?

もちろん、現代社会で生きる上では必要なことです。

社会的な常識、日々の生活を守るためのマナーであり礼儀です。

そういった面を否定するつもりはありません。

それでも考えてしまうのです。

そして気づくのです。

「ズボラ」へのあこがれ

私は「ズボラ」にあこがれているんです。

私も「ズボラ」になりたい~!と。

それなら、ズボラになりたいなら、なればいいじゃない!

って思うでしょう?

でもね、はいそうですねと言って、なれるものじゃなかったんです。

つい細かく、きっちりとしっかりと、やろうとしちゃうんです。

なにせ半世紀かけて歩んできた生き方ですからね。

まあしょうがない! それが「私」という生物ですからね。

亀が歩くペースで、のんびりボチボチとやっていこうと思います。

そんな感じのざっくりした方向性で、日常のあれこれを綴っていこうと思います。

気が向いた時に訪問してくださるとうれしいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました